FC2ブログ

黒豆

「健康でまめに働けますように」
という縁起をかつぐ黒豆

我が家ではずっと、土井善晴さんのレシピで作っています

book-1.jpg

今年もまた本棚から出してきました

2009年!10年前なんですね

このレシピで作る黒豆は
しわひとつなく
ふっくら、つややか

作り方はとても簡単です


スポンサーリンク

まずは、黒豆を煮る前夜に豆を戻す作業から

きちんとフタのできる鍋を用意します

black-bean-3.jpg

<材料>
■黒豆(乾)300g 250g
◇水 10cup 8cup
◇砂糖 250g 200g
◇しょう油 1/4カップ(50cc) 40cc
◇塩 大さじ1/2 1/3
◇重曹 1/2 1/3
さびくぎ(あれば)10本(120g)さらしふきんや、キッチンペーパーに包む

材料のオレンジ色は、我が家の分量です

いつも買う黒豆が一袋250gなので◇煮汁の材料を減らしています
10年近く作りながら、この分量に落ち着きました

いつも買っている"黒豆"といっても
特別のものではありませんよ

"○○の黒豆" なんてブランドものでなくても
おいしく出来るのが魅力のレシピ!

<黒豆の戻し方>
①鍋に◇煮汁の材料のを入れ、煮立てます

②火から下ろし、◇煮汁の残りの材料と
さびくぎと洗った黒豆を入れ一晩おきます

<黒豆を煮る>

①翌日、戻した黒豆の入った鍋を強火にかけます

black-bean-4.jpg

②煮立て、黒い泡(アク)をていねいに取ります

③差し水1/2cupをし、再び煮たててアクを取ります
(これを2~3回繰り返えす)

④ ③に落しぶたをして、さらにフタをしごく弱火で8時間煮ます
今年はストーブでじっくり煮ましたよ(とてもいい火加減です)

煮汁が黒豆にかぶるくらいまで減ったら火を止め
そのまま冷まして味を含ませます

black-bean-1.jpg

本当に簡単!

ただ一つ気をつけることは ”煮る時間” ですね
ストーブにかけっぱなしで忘れていました(;^_^
吹きこぼれることなく、ごくごく弱火

来年はタイマーをセットしましょう

煮汁から黒豆が出ているとシワの原因になりますよ^^
関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

Comment 0

Leave a comment