Welcome to my blog

”かぶら寿し”と”かぶのゆかり和え”

0 0
Category野菜のおかず
例年になく暖かな年の瀬です

sunset-1.jpg

昨日、近所のスーパーの駐車場で撮りました

北陸で育って、しばらく関西で暮らしていたとはいえ
こんなに穏やかな年末は記憶にありません

今年の冬は暖冬だそうですね

世界の平均気温は、34年にわたって平均値を超えていて
日本も観測史上、平均気温は最高とのこと

除雪をしなくていいのは助かりますが
温暖化は心配です

スポンサーリンク

sponsored link
年末になると作る "かぶら寿し" は
石川県の伝統料理です

私は結婚してから作るようになりました

「塩漬けしたかぶ」に「塩漬けしたブリ」をはさんで
米麹で漬け込んで発酵させます

ブリではなくサバを使うこともあります
11月頃からでしょうか
スーパーには「かぶら寿し」用の
「塩サバの切り身」がパックで売られています


今日は「かぶの塩漬け」と「ブリの塩漬け」から

ブリは刺身用の柵を買い
重さの15%の塩をふり
冷蔵庫で2日間おきます

kabura-sushi-1.jpg

かぶは厚めに皮をむきます

干しカブと塩豚の煮物4

この皮を7~8mm巾に切って干しても美味しい(皮で作る切干かぶ?)
切干大根と同じように調理します(筋は気になりませんよ)

レシピにはよく、1.5~2㎝の厚さに切るとありますが
我が家は厚めの4cm
ブリをはさむために真ん中に切れ目を入れます

kabura-sushi-2.jpg

皮をむいた後のかぶの重さの3%の塩を全体にふります

kabura-sushi-3.jpg

漬け物器に並べて塩漬け

かぶら寿しを作る工程を

3・3・3と教わりました

◇塩漬け:3日
◇麹漬け:3日
◇おいしく食べる期間:3日

今日はここまで♪



かぶを使ってもう一品 

               かぶのゆかり和え  

"かぶのゆかり和え" は、子供たちの好きな和え物のひとつ
とても簡単ですよ

春と秋が旬のかぶ

春のかぶは、皮が薄く柔らかく
秋物は甘みが強いのが特長

小さくて皮が薄ければ皮付きで
大きめのかぶには、皮のあたりに筋が多いので厚めに皮をむきます

5ミリ巾に切ります

軽く塩をしてレンジで加熱します
400gのカブを、レンジ800Wで4分加熱
途中上下を返します(様子を見ながら調節して下さい)
ザルにあけ水気を切り、ゆかりふりかけで和えます
スポンサーサイト



スポンサーリンク

0 Comments

Add your comment