google-site-verification=4Jpf_z293k83ir8McU7ipE6w2tTGS8ydYzAAgK8tFhc

Welcome to my blog

ほうれん草のグラタン

0 0
Categoryグラタン・ドリア
帰省していた娘が今日帰ります。


あっという間でした。


先月同様食事のお世話をしましたが、

今回好評だったのは、


ほうれん草のグラタン、

ほうれん草のグラタン6


この暑いのにグラタン?と思われるかもしれませんが、


暑い夏こそ熱い食べ物が体に良いそうで、


キレイになれそうなメリットいっぱい!



① 放熱効果

熱いものを食べ、汗をかくことで自然な形で体の熱を発散する。

=ダイエット効果を向上させる。


② 夏バテ防止

熱いものを食べ、体温調節機能が整っていれば、

気温変化に対応することが出来る。


③ 血行促進効果

体の中の血液が効率よく巡回し、体の老廃物を取り去る。




まずはホワイトソースの作り方、

我が家のホワイトソースは、

調味料を入れ、ほんのり味をつけます。

それから牛乳をたくさん入れたユルめのソースです。


〈ホワイトソースの作り方〉

○ 牛乳 800cc

〇 バター 50g

〇 小麦粉 50g

〇 コンソメキューブ 2分1個

〇 みりん 小さじ2

〇 昆布茶 小さじ2分の1

〈作り方〉

① フライパンにバターを入れ弱めの中火にかけます。

バターが溶けたら小麦粉を入れ、

焦げないように炒めます。

② 粉っぽさのなくなった①に牛乳を200cc入れ、よく混ぜます。

初めはダマが出来ても、

混ぜているうちになくなります。

ホワイトソース2

このくらいまで、

しっかり練ると粉っぽくなりません。

②の工程を3回繰り返します。

ホワイトソース5

残りの200ccの牛乳を入れ混ぜ、

なめらかなホワイトソースになったら、

砕いたコンソメキューブとみりんを入れ、

昆布茶で味を調えます。

少しユルいかな、くらいで火を止めます。

ホワイトソース3    

スポンサーリンク

sponsored link
<ほうれん草のグラタンの材料>3~4人分 ほうれん草 1把 エビ 150g マカロニ 50g エリンギ 50g とろけるチーズ 適量 パルメザンチーズ 適量 ● 乾燥パン粉(細目) 大さじ3 ● 米油 大さじ1 <ほうれん草のグラタンの作り方> ① ほうれん草は塩茹でし、 水気を軽く絞り4cmの長さに切ります。 ② エビは火を通しておきます。 ③ エリンギは食べやすく切ります。 ④ マカロニは表示通りに茹でザルにあけます。 ⑤ フライパン(くっつかないタイプ)にバターとエリンギを入れ、 弱めの中火にかけます。ほうれん草のグラタン2  バターが溶けたら小麦粉を入れ、 焦げないように炒めます。ホワイトソース1  小麦粉にしっかりと火を通し、 牛乳を少しずつ入れます。 ⑥ ホワイトソースが出来たら火を止め、 具材を入れ混ぜ合わせます。ホワイトソース4  耐熱の器に入れ、ほうれん草のグラタン3  とろけるチーズとパルメザンチーズをのせ、ほうれん草のグラタン4  グリルまたは250℃に余熱したオーブンで、 焦げ目がつくまで焼きます。ほうれん草のグラタン5  パン粉のサクサク感が好きな方は、 ●のをフライパンにいれ、 弱めの中火で炒めます。 全体に油が回ったら火を止めます。ほうれん草のグラタン7  とろけるチーズ、炒めたパン粉、パルメザンチーズをのせ、 トースターで焦げ目がつくまで焼きます。ほうれん草のグラタン8  パン粉が焦げやすいので気をつけてください。ほうれん草のグラタン1     
スポンサーサイト



スポンサーリンク

0 Comments

Add your comment