FC2ブログ

アーモンドプードルなしのマカロンの作り方


macaroon-19.jpg

一般的なマカロンは、卵白とアーモンドプードル、砂糖と粉糖で作ります(チョコマカロンでしたらココアも)

macaroon-20.jpg
アーモンドプードル(アーモンドパウダー)は、アーモンドを粉末状にしたものです

スーパーの製菓売り場でよく見かけるのがコチラ↑

35gで220円くらい



私は1回に作る分量が卵白2個分なので、アーモンドプードルは70g使います

ですから、アーモンドプードルだけで500円くらい

シフォンケーキ焼き上がり

シフォンケーキクッキーに比べると、材料費がかかるんですよね

でも、アーモンドプードルを使わない【マカロンもどき】は、おいしくて、経済的!


スポンサーリンク


使う材料は、卵白と砂糖、粉砂糖、ココアです
レシピにはよく、卵白(Мサイズ)と、書かれていますがⅯ・Ⅼサイズどちらでもかまいません

焼き上がりに影響はないようです(なぁ~んていうと、「お菓子作りは化学だ!」という娘が呆れるでしょうけど)

【材料】たくさん分?(数えるのを忘れてしまいました^^;)
卵白 2個分
砂糖 60g
粉砂糖 80g
ココア(無糖) 20g

卵白保存1

冷凍の卵白を使いました(クッキーを作ると残るんですよね)

macaroon-1.jpg

冷凍の卵白は凍ったままボールに入れます

macaroon-3.jpg

室温にもよりますが10分位で写真のように、この状態で泡立てます
途中、砂糖を2~3回に分けて入れます

macaroon-5.jpg

泡立て器の跡が残るくらい硬く泡立てたら、合わせてふるった粉砂糖とココアを入れます(必ずふるいます)

macaroon-7.jpg

ゴムべらで切るように混ぜます

macaroon-8.jpg

macaroon-9.jpg

ここからが「マカロナージュ」

ヘラで生地の泡をつぶすように優しく押し付けます

生地を持ち上げ、▼逆三角に落ちてきたらOK
(やり過ぎ注意!)

macaroon-10.jpg

絞り出し袋を用意します
直径が5~10ミリの丸い口金を使い生地を入れます

macaroon-12.jpg

macaroon-14.jpg

天板にクッキングシートを敷き、直径1センチくらい絞り出し、生地を乾燥させます(季節によって乾燥にかかる時間が違います)

指でそっと触って、生地がつかなければOKです
(夏場は湿度が高いので時間がかかります)
2~3時間かかることもあります

macaroon-15.jpg

180℃に余熱したオーブンに入れ5分ほど焼き、底面にフリルのような足(ピエ)が出てきたら、オーブンの扉を開けます(すぐに温度が下がります)

オーブンの予熱を130℃にし、さらに15分焼きます

焼き上がったらオーブンから天板を取り出し、そのまま冷まします

macaroon-18-1.jpg

大きいマカロンは一般的な大きさで、生地を直径4cm位に絞ります



娘が帰って、久しぶりに作りました

そういえば、彼女が中学・高校のバレンタインに作らされた作ったことを思い出します

あの時は、アーモンドプードルを入れていたので「高くついたなぁ~」^^


関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

Comment 0

Leave a comment