フキ香る中巻き豚ロールフライ

0 0
近所のスーパーで新鮮な蕗が128円(税抜き) ← 安い!


買ってから何にしようか考える、ン〜

お正月の煮物用にはまだ早い

日持ちさせるには、塩漬けにするそうですが ← したコトないなぁ

せっかく新鮮なフキ、香りも楽しみたいですね


そこでコチラ ↓ 「フキ香る中巻き豚ロールフライ」 ← 立派な名前ですねぇ~

フキ香る中巻き豚ロール1

でも、名前負けしていませんよ


「中巻き」なので「一口で」食べて頂きたい ← 是非とも!口の中に美味しさが広がります


噛むとサクッ?カリッ? 硬くはないけど、しっかりした衣に

ふわっとフキの香りがして、おまけにジューシー ← (少し手間でも)生を使った甲斐がありましたよぉ~

ゴボウの程よい噛み応えもよく合います


それからデスね、かつお節と梅肉を混ぜて巻いていますから

そのままで美味しく頂けます


時間のある時に野菜の下ごしらえしておくと

意外と短時間で作れますよ


この太巻きロールをソースで煮絡めると

お正月の料理にもピッタリな一品になります

フキの下処理と、初挑戦のフキの塩漬けも一緒に

明日のブログでご紹介しますね

よろしければ、是非お立ち寄りください


では、作り方

中に巻いた人参、カラフルですね ← 黒人参、初めて使います(スーパーフードだそうで楽しみ!)

長さ10cm、6ミリ位の角切りにします

カラフル人参1

フキと ゴボウ(軽く叩く) も10cmの長さに切り

白だし(煮物の割合で希釈)で煮ますが

順番は、煮立った出汁にフキを入れ

一煮立ちしたら、容器(保存袋)に移しヒタヒタにダシを入れ冷まします


次に人参を煮ますが ← ギョッ ムラサキ!紫!(ポリフェノールですよ

人参下味

慌てて黒人参以外を別鍋に入れ、煮ることに

ゴボウも柔らく煮ます

こんな風に保存しておくと、お弁当などにも重宝しますよ

人参の下味


豚肉ですが

買ったら下味をつける様にしています

いろんな料理に合わせやすい 「ハチミツ昆布酒」 は、下味だけでなくハチミツの酵素で肉を柔らかくしてくれます

「ハチミツ昆布酒」にくぐらせてポリ袋などに入れ(小分けにしても)

冷蔵・冷凍しておくと、(美味しい状態で)サッと使えて便利です

豚肉の下味1


カツオ節は、ソースや梅肉と混ぜて使うことが多いので

フードプロセッサーで細かくしておきます

出汁用の花かつおの方が、パックのモノより断然お得!

(まとめて作って冷凍庫で保存してマス)

かつお節粉砕

梅肉1個を叩いて和えておきます


ここまで準備したら、後は巻いて衣をつけます

ラップを敷いた上に、肉の端が重なるように並べ ← 脂身が多かったので少し取りました

しょうが焼き用肩ロースを5枚使用

梅肉&かつお節を広げ

具材を手前から巻き(ラップを巻子のように使い、しっかり巻く)

フキ香る太巻き豚ロール3

天ぷら粉を水で溶き(菜箸の跡が残るくらい)

目の細かいパン粉をつけます(もう1度繰り返す)

フキ香る太巻き豚ロール5

180℃の揚げ油に入れ、6~7分

スプーンなどで油をかけながら

フキ香る太巻き豚ロール6

上下を返し、キツネ色に揚げます

いい色ですねぇ~

フキ香る太巻き豚ロール7

油を切ります

切って盛り付け、切り口がキレイ (^^♪

フキ香る太巻き豚ロール切り口




最後までお付き合いいただき

ありがとうございました


ランキングに参加しております

よろしければクリックをお願いいたします



にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加



カウントダウンクッキー6















ページトップ