FC2ブログ

パンチェッタと切干大根の煮物

涼しくなってきましたね、朝は寒いくらいです

14℃以下では暮らせないハイビスカスは

先月末、一回りから二回り選定してリビングへ移動

日当たりの良い窓際で元気にしています


毎日の水やりは、2・3日おきになりました

今朝、水やりをしていましたら

「つぼみ!」

葉の陰にツボミを発見!


咲く日が楽しみです

10月21日のハイビスカス2

10月21日のハイビスカス1


いささか強引ではありますが

こちらも見つけた!つながりです



どこかに切干大根があったはず、戸棚を探しておりましたら出てきました

今月15日が賞味期限の「桜島大根 割り干し」

割り干し大根1

またやってしまった (。-_-。)

何だか色が濃いような・・でも

はしっこに 「色が変わることがありますが、品質には影響ありませんので、安心してお召し上がり下さい」

と、小さく書いてあります、未封ですし

まあ、賞味期限というコトで(反省が足りん!) さっそく調理


・・が、冷凍庫に常備しているはずの油揚げが無い!


あったのは使いかけのパンチェッタ(パスタに使った残りのようです)

んー、旨みは出ますよね


パンチェッタ、生ベーコン

塩分が多いので

味付けは仕上がりの直前に、味を見てからつけることにします

にんにく しょうが こしょうで炒め

日本酒とみりん 水を入れ煮ます


見た目は何だろう、ですが

食べてみると、食感は確かに干し大根

美味しい、無国籍の味です

(お好みですが)こしょうを多めにすると

ますます無国籍


干し大根の新しい食べ方の発見?(大袈裟ですね)

仕上げに醤油を、とも思っていましたが

パンチェッタの旨味と塩分で十分美味しい!

パンチェッタと割り干し大根の煮物5

<材料>

割り干し大根(1袋) 25g

パンチェッタ 30~40g

しいたけ 3枚

パプリカ(赤・黄) 各2分の1個

いんげん(冷凍) 適量

ⓐ 水 150cc

ⓐ 日本酒 大さじ1

ⓐ みりん 大さじ1

ⓐ にんにく(チューブ) 1~2cm

ⓐ しょうが(チューブ) 1~2cm

ⓐ こしょう 適量

<作り方>

① 割り干し大根は水洗いしてザルにあげておきます


切干大根も割り干し大根も、水につけて戻すのが一般的ですが

旨みと栄養が抜けてしまうのが惜しくて・・・

戻し汁を使えばイイだけなんですけどね

割り干し大根2

② フライパンにパンチェッタを入れ弱火にかけます
パンチェッタと割り干し大根の煮物1

脂が出てきたら割り干し大根を入れ炒めます

5ミリの厚さに切ったシイタケも加えます

パンチェッタと割り干し大根の煮物2

③ 全体に脂が回ったらⓐを入れ

沸騰したら弱火にしフタをし10分くらいに煮ます

④ フタをとり、5ミリ巾の千切りにしたパプリカと

食べやすい長さに切ったインゲンを加えて炒めます

パンチェッタと割り干し大根の煮物3



ランキングに参加しております。

よろしければクリックお願いいたします。



にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加




Comment 0

Leave a comment