FC2ブログ

まぐろの生春巻き

路地物のみょうが

そろそろ終わりですね


生で 焼いて 揚げてと

美味しく頂きました

路地物野菜3

今日はその みょうがを


スーパーの特売で買った、びん長まぐろ と

生春巻きで巻いて揚げます


びん長まぐろ、ツナ缶の原料ですよね

身が柔らかく、加熱しても硬くなりにくいのですが

短時間で揚げ、レアに仕上げます



ワサビしょう油でサッパリと



みょうが と 大葉の風味

生春巻きのモッチリした食感


高級感が口の中に広がります m(__)m

まぐろの生春巻き



<材料> 4本分

※ びん長まぐろの柵の大きさによって

材料の分量が変わるかもしれません


びん長まぐろ(柵) 170g

ライスペーパー(直径22cm) 4枚

みょうが 2~3個

大葉 8枚

わさび 適量(お好みで)

しょう油 大さじ1

塩・コショウ 少々

揚げ油 米油


<作り方>

① びん長まぐろを巻ける長さの

ラップを広げておき

塩とコショウをふっておきます

まぐろの生春巻き1

② びん長まぐろはタテに半分に切ります

 ①にのせ、転がして全体に塩とコショウをつけ

しょう油を馴染ませ、ラップで巻き冷蔵庫へ

まぐろの生春巻き3

③ 大葉は茎を落とし水洗いし

キッチンペーパーで水気を拭きます

みょうがはキレイに洗って

半分に切り、斜め薄切りにします

まぐろの生春巻き4

④ ライスペーパーは流水でぬらし

まな板にのせます

(短時間で戻ります)

まぐろの生春巻き5

⑤ 揚げ油を200℃に余熱し始めます

⑥ 大葉2枚の上に

半分の長さ(ライスペーパーで巻ける長さ)に切った

びん長まぐろをのせ

(好みで)わさびを塗り、みょうがをのせます

まぐろの生春巻き6

端からしっかり巻きます

※ 戻したライスペーパーは伸びるので

少し(軽く)引っ張るようにして巻くと

キレイに巻けます


巻き終わりを下にしておきます

まぐろの生春巻き7

⑦ 200℃の揚げ油で、1~2分揚げ油を切り

4~5つに切り盛り付けます

※ 油を切るとき(キッチンペーパーにのせる)

キッチンペーパーの種類によって、生春巻きの皮がくっつくことがあります

リードキッチンペーパーのようなタイプをおすすめします

まぐろの生春巻き2










マグロとサーモンを一緒に巻いた

欲ばりな生春巻きです

マグロとサーモンの生春巻き



ランキングに参加しております

よろしければクリックお願いいたします



にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加



Comment 0

Leave a comment