FC2ブログ

豆もやしのチジミ

豆もやしをたっぷり使った、とってもヘルシーなチヂミです。

タネを混ぜ過ぎず、

多めの油で、じっくり焼いて、

卵は目玉焼きを潰す感じで、

これで、彩り鮮やか、カリッ・モチっ!のチヂミの出来上がり!

豆もやしのチジミ

1袋、200gの豆もやし

袋の上から、包丁で食べやすく切ります

※同じ所を2度切らないように(袋が切れ、もやしへの混入防止のため)

豆もやしのチジミ1

今回は、キムチ(ざく切り)100gと汁(あれば)、

ちくわ2本(たて半分で輪切り)、

にら(小口切り・飾り用)

具材は、好みのもので、

豆もやしのチジミ2

ボールに、小麦粉・片栗粉、1:1 合わせて100g入れます。

キムチの汁と水を合わせて130cc、ガラスープの素小さじ1、具材を入れ、

粉っぽさがなくなるまで、サックリ混ぜます。

豆もやしのチジミ4

2回に分けて焼きます。

フライパンに米油大さじ2を入れ中火にかけます。

タネの半量を丸く入れます(あまり広げないようにし・・)

豆もやしのチジミ3

弱めの中火にし、フタをして5~6分蒸し焼きにします。

※豆もやしの豆の大きさにもよりますが、ここで火を通しておきます。

豆もやしのチジミ6

フタをとり、にら・卵・をのせ、卵黄を箸で割り、飾りのニラをのせます。

豆もやしのチジミ5

豆もやしのチジミ7

裏返し、フライ返しで押さえながら生地を広げます。

軽く焼き(ニラの色が鮮やかなうちに)、返します。

ごま油を回しかけ、カリッと焼き上げます。

豆もやしのチジミ8

豆もやしのチジミ9

食べやすい大きさに切り、いただきます!

豆もやしのチジミ10

私は、辛めのコチュジヤンをつけて食べるのが好きです。

韓国人の友人は、それが許せないらしく、

「チヂミは、しょう油にネギ・ごまの刻んで炒れ、付けて食べる!」・・と、憤慨します(笑)


Comment 0

Leave a comment