とり手羽先の餃子

下処理をした鶏の手羽先に、餃子のタネを詰め、ボリュームアップ!

とり手羽先餃子盛り付け1

鶏の手羽先は、水洗いし水気をよく拭きます。
骨を1本取り除きます。
下の写真のように、太い骨と細い骨の間にハサミを入れ、腱を切り離します。
細い骨のまわり(切り口近辺)の肉を骨にそって切ります。
後は奥へ奥へと手でしごいていきます。

手羽先骨取1

関節を折って、骨を抜き取ります。

手羽先下処理1

同じ要領で太い骨も抜きます。

とり手羽先下処理2

骨を抜いた手羽先に下味をつけます。

手羽先8本
(下味)
 ハチミツ昆布酒 大さじ2
 しょう油 大さじ1
ポリ袋に入れ、揉んでおきます。

とり手羽先下味

つくねのタネを詰めます。

餃子のタネ

奥までしっかりと詰めます。

手羽先餃子タネ詰め1

あらかじめ火をつけておいたグリルに並べ、弱火でじっくり焼きます。
グリルの種類にもよりますが、両面焼きで10分くらい焼きました。

手羽先餃子焼く

皮はパリッ!中はジューシー、熱いうちに頂きます!

とり手羽先餃子焼き上がり

スポンサーサイト

真いわしの酢煮

いわし酢煮9

とても新鮮な、真いわしを買ったので、

酢煮と、天ぷら、

天ぷらを新玉ねぎと、マリネ酢につけた3品を作ります。

<酢煮の材料>
真いわし(10cm前後) 3パック

(煮汁)
日本酒 2分の1カップ
酢 2分の1カップ
みりん 4分の1~3分の1カップ(好みの甘さで)
しょう油 4分の1カップ

しょうが(皮付き、薄切り) 15g
梅干し 2個
唐辛子(好みで) (タネを取る)2~3本

<作り方>
① キッチンハサミでいわしの頭を落とします。
  腹にハサミを入れ、内臓を出し、流水できれいに洗います。

いわし酢煮2

② 3%くらいの塩水を作り、①を入れます。

いわし酢煮3

③ 数尾入れたら、水気を切ってキッチンペーパーの上に取ります。

いわし酢煮4

④ ③を繰り返します。

いわし酢煮5

⑤ 厚手のふた付きのフライパンに、煮汁の材料と梅干し、しょうが、鷹の爪を入れます。

いわし酢煮1

⑥ ⑤のいわしをフライパンに並べます。
  
いわし酢煮6

⑦ キッチンペーパーで落としふたをし、フタをし中火にかけます。
  沸騰したら弱火にし、20~30分煮ます(途中、煮汁が無くなっていないか確認します)

いわし酢煮7

⑧ フタをとり、煮汁があれば、煮詰めます。
  出来上がり!身が柔らかいので冷めてから取ります。

いわし酢煮8

プロフィール

ゲンゲ太郎

Author:ゲンゲ太郎
ハイビスカスと暮らすキッチンから、
我が家のおいしい‼ レシピと、
娘の高校生活3年間に作ったお弁当の中から、オススメのレシピや
寮生活の娘へ送る、仕送りレシピを紹介します。

「コンドル」こと家人の、小さなベランダ菜園での奮闘日記も載せています。
 
レシピの内容は、多少変わることがあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
633位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レシピ
129位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR