ちょっとお洒落にイタリアン!インボルティーニ

インボルティーニ1

今年は豊漁の真いわし、

和風のレシピばかりでしたので、

今日は、イタリアの家庭料理、インボルティーニを作ります。

なんだか、ハードルが高そうですが、

インボルティーニ(伊)とは、巻いた・包んだ・くるんだ、で、

ロールキャベツもインボルティーニだそう (';')

今回は、冷蔵庫にあった、ハンパな食材を使って、

冷蔵庫にない、ソースとドレッシングを作るので、

なんだか、面倒~と思われるかもしれませんが、

そこをスルーすると、簡単です。

では、気楽に作ってまいりましょう!

インボルティーニ4

安くて新鮮な真いわし、

三枚におろします。

2人分、2尾(残りは蒲焼に♡)使います。

インボルティーニ5

巻く芯になるタネを作ります。

ボールに、材料を入れ、混ぜ合わせ、4等分します。

パン粉(乾) 15g
ベーコン(刻む) 1枚
くるみ(くだく) 10g
レーズン 5g
クリームチーズ 18g
バジル(生) あれば適量、刻む
にんにく(好みで) 適量

インボルティーニ6

いわしを並べ、・・・紙パックの上に並べました(洗剤で洗い、天日で乾かして使っています)、

軽く塩・コショウし、タネを巻いていきます。

巻き終わりを、1つにつき楊枝2本で止めます。

インボルティーニ7

耐熱容器に並べ、

パン粉・粉チーズ、オリーブオイル(適量)をかけ、

オーブントースターやグリルで焦げ目がつくまで焼きます。

インボルティーニ3

付け合わせの野菜はフライパンで焼いておきます。

写真は、ズッキーニと長芋、
(お好みの野菜で・・)

付け合わせ

トマトは、ヘタの反対側に十字の切り目を入れ、

熱湯にくぐらせ、皮をむき、角切り、

トマトの湯引き1
トマトの湯引き2

冷凍庫に、使いかけで、霜のついたブルーベリーとイチゴを発見!

ソースにします。

それぞれ、耐熱尿器に入れます。

(ブルーベリー 140g、 砂糖10g) 

(イチゴ 60g、 砂糖10g) 

一緒にレンジへ(ラップなし)

500Wで6~8分加熱、

ベリィーソース1

途中アクを取り、

ベリィーソース2

様子を見ながら煮詰めます。

ベリィーソース3

ドレッシングを作ります。

酢10gと、バター2gを容器に入れ、

レンジ200Wで1分ほど加熱、バターを溶かします。

グレープフルーツドレッシング1

みじん切りにした新玉ねぎ10gと、

グレープフルーツ果汁5g加えて混ぜ合わせます。

グレープフルーツドレッシング2

盛りつけて、出来上がり!

ソースや、ドレッシングを、長々と作りましたが、

市販のドレッシングを使えば、

もっと簡単です。

カリっと焼けた粉チーズとパン粉、

柔らかいタネの中の、クルミやレーズンにバジル、

食感と香りが楽しい、インボルティーニ、

ぜひ一度作ってみてください。

インボルティーニ1

1日1回の投票に、ご協力お願いいたします‼

スポンサーサイト

新じゃがと新玉ねぎの揚げ煮

旬の新じゃが芋を、軽く油で揚げ、

新玉ねぎ・豚バラと一緒にバターで炒ます。、

味付けは、しょう油麹で、

こっくりと、ご飯がすすむしっかり味です。

新じゃが、玉ねぎの甘辛煮2

新じゃが芋、200gは、きれいに洗って一口大に、

小さいものはそのまま、

新じゃがと新玉ねぎの揚げ煮1

新玉ねぎ・人参も、食べやすい大きさに切ります。

新じゃがと新玉ねぎの揚げ煮4

180℃の揚げ油で、3分ほど揚げます。

新じゃが芋と新玉ねぎの揚げ煮2
新じゃがと新玉ねぎの揚げ煮3

フライパンにバター10gを入れ、

中火にかけます。

新じゃがと新玉ねぎの揚げ煮5

豚ばら肉100g、野菜を入れ炒め、

新じゃがと新玉ねぎの揚げ煮6

玉ねぎが透き通ったら、水200ccを入れ、

みりん大さじ4(甘めが好きなので、)

しょうゆ麹大さじ2~3(味を見て加減して下さい)をいれます。

煮詰めるので、薄めにします。

弱めの中火にし、フタをします。

新じゃがと新玉ねぎの揚げ煮8

じゃが芋に竹串をさし、中まで火が通ったら、フタを取ります。

火を強め(中火)、汁気がなくなるまで煮詰めます。

新じゃがと新玉ねぎの揚げ煮9

冷凍のインゲンを食べやすく切り、

加えて出来上がり!

新じゃがと新玉ねぎの揚げ煮10

水分の多い新じゃが芋、

油で揚げることで、コクがでます。

しょう油麹は、みそのような深みのある味に、

冷めても美味しくいただけるので、

お弁当にもおススメです。

新じゃが、玉ねぎの甘辛煮1

旬のキャベツたっぷり、メンチカツ

キャベツたっぷりのメンチカツ

キャベツと玉ねぎが、ひき肉の倍以上入っているので、

さっぱり・ヘルシー、

でも、お肉を感じる、ジューシーなメンチカツです。

今日は、旬の新キャベツと新玉ねぎを使って・・・

キャベツたっぷりメンチカツ出来上がり!

牛ひき肉(もちろん合びきでも)300g

塩小さじ1、ソース大さじ2、マヨネーズ大さじ2、ニンニクのすりおろし1片、
砂糖小さじ2 カレー粉小さじ2分の1、コショウ適量

ここまでを、よく混ぜます。

キャベツたっぷりメンチカツ1

新キャベツ200gはみじん切り、

キャベツたっぷりメンチカツ2

新玉ねぎ120gもみじんに切ります。

キャベツたっぷりメンチカツ3

ボールに入れ、

キャベツたっぷりメンチカツ4

生パン粉40g・卵1個を入れ、ザックリ混ぜます。

生パン粉が野菜の水分を吸ってくれます。

キャベツたっぷりメンチカツ5

市販の天ぷら粉を水で溶いておきます。

菜箸の跡が、少し残るくらいの固さに、

キャベツたっぷりメンチカツ6

よくこねたひき肉に、

キャベツたっぷりメンチカツ7

野菜を加え、混ぜ合わせます(水分が出るのでこねません)

キャベツたっぷりメンチカツ8

ざっと、等分に分け、ハンバーグの要領で、

タネの空気を抜きながら、

形をととのえ(真ん中のクボミはいりません)

キャベツたっぷりメンチカツ9

衣をつけていきます。

キャベツたっぷりメンチカツ10

20㎝の鍋に、油を500cc入れています。

180℃に熱し、

キャベツたっぷりメンチカツ11

2個入れ、2分そのまま、

キャベツたっぷりメンチカツ14
キャベツたっぷりメンチカツ裏返す前

フタをして5分、

キャベツたっぷりメンチカツフタ

フタを取って、2分揚げます。

キャベツたっぷりメンチカツ裏返した後

油を切って、キッチンペーパーを敷いた網に水平に置き、

私は揚げ物の時には、魚焼きグリルを網付きバットの替わりにしています!

キャベツたっぷりメンチカツ15

2・3分してから、縦にすると、

余分な油を取りつつ、

カラッと仕上がるようです。

キャベツたっぷりメンチカツ16

いつもの、キャベツたっぷりメンチカツでしたら、

多めに作って、そのまま冷凍するのですが、

今回は、野菜の水分が多いので、

タネが柔らかく、扱いにくいです。

・・で、全部揚げて、冷凍保存します。

キャベツたっぷりメンチカツ保存1

ラップの上にキッチンペーパー(もったいないので、半分にカット!)を、

メンチカツをキッチンペーパーで包んでから、ラップで、

キャベツたっぷりメンチカツ保存2

ジップロックに入れ、冷凍します。

お弁当には、

朝、冷凍のまま入れると、お昼には解凍されています。

家でいただくときは、オーブントースターの天板に、アルミホイルをしき、

自然解凍したメンチカツをのせ、

焦げないよう注意して、カラッと焼きます。

キャベツたっぷりメンチカツ保存3

下味がしっかりと付いているので、

ソースなしでも(お好みですが)美味しくいただけると思います。

1日1回の投票に、ご協力お願いいたします‼

かぶと新玉ねぎのスープ

旬の新玉ねぎとかぶのスープを作ります。

コンソメを入れますが、少なめに、

野菜のやさしい甘さが、

ホッとするスープです。

かぶのスープ13

かぶ 2個(正味370g)、新玉ねぎ 2分の1個(正味160g)

四角に切り(火の通りやすい大きさ)フライパンへ、

かぶのスープ1
かぶのスープ2

バター10gを加え、弱めの中火にかけます。

かぶのスープ3

玉ねぎが透き通ったら、鍋へ、

かぶのスープ4

水 150cc、コンソメキューブ 2分の1個を入れます。

かぶのスープ5

フライパンはそのままで、小口に切ったかぶの茎を炒め、

かぶのスープ6

器に取ります。

かぶのスープ9

煮立ったら、

かぶのスープ7

フタをして弱火で、10分ほど煮ます。

かぶのスープ8
かぶのスープ10

ブレンダ―やミキサーにかけ、ペースト状にします。

かぶのスープ11

牛乳(豆乳でも)、500cc入れます。

味を見て、昆布茶 小さじ4分の1~2分の1で、味を調えます。

弱火にかけ、ひと煮立したら出来上がり!

かぶのスープ12

器によそい、カブの茎のせます。

見た目も味も、やさしいスープですよ、

かぶのスープ13

1日1回の投票に、ご協力お願いいたします‼

人参葉のよごし

人参葉のよごし6

よごし、大根菜やかぶの葉で作ることが多いのですが、

人参葉は初めてです。

人参葉のよごし1

きれいに洗った人参葉は、さっと塩茹でし冷水にとり、

水気を軽く絞ります。

人参葉のよごし2

6~7ミリほどの巾に切り、

フライパンにバター(写真は10g)を入れ、弱めの中火にかけ炒めます。

人参葉のよごし3

バターが全体に回ったら、みりん、みそを加えます。

味は好みで加減して下さい。

人参葉のよごし4

汁気がほとんどなくなるまで炒めますが、

柔らかめが好きな場合は、

弱火にし、フタをして煮詰めます。

人参葉のよごし5

人参葉の苦みが気になっていましたが、

バターの風味のおかげでしょうか、

ほんのりとした苦みが、くせになる美味しさ、

温かいご飯にのせて、

いただきます!

人参葉のよごし6

1日1回の投票に、ご協力お願いいたします‼

プロフィール

ゲンゲ太郎

Author:ゲンゲ太郎
ハイビスカスと暮らすキッチンから、
我が家のおいしい‼ レシピと、
高校生活に作ったお弁当の中から、オススメのレシピや
寮生活の娘へ送る、仕送りレシピを紹介します。

レシピの内容は、多少変わることがあります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
498位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レシピ
86位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR