懐かしいビスケット

あまり、甘くなくて、

噛み応えのある、

でも、おせんべい🍘でもなく、

クッキーでもない、


そう、ビスケットですね、


ビスケットが食べたくなりました。


むかし、

40年以上まえでしょうか、

祖母が作ってくれた、ビスケット、


うどん粉(祖母は小麦粉をそう言ってました)と、

砂糖、水?牛乳、どちらでしたっけ、

材料はこれだけ、


0.5~1.0g単位の、キッチンスケールなんて、

ありません。目分量です。

ボールではなく、

たしか、アルミの両手鍋で混ぜていました。


今では、考えられないくらい、

大胆な菓子作りですが、

不思議と、いつも変わらない味だったような気がします。


一度にたくさん作って、

アルミの缶に入れてありました。

素朴なビスケット

祖母のビスケットは、もう少し厚かったように思いますが、

歯が折れそうな、硬さと、

砂糖控えめの味は、

再現できたようです。


むしろ、全粒粉を使ったので、

祖母のビスケットより、

素朴感は増したような・・・



うどん粉(小麦粉)の替わりに、

全粒粉を使います。

水or牛乳は、豆乳に、


<材料と作り方>

全粒粉 100g、三温糖 20gをボールに入れます。

全粒粉と砂糖

豆乳 55~65g、耳たぶより硬めに、

加減しながら入れ、

ひとまとめにします。

豆乳を入れまとめる

ぬれ布きんに、ラップを広げ、

打ち粉をしながら伸ばし、

2ミリくらいの厚さにします。

打ち粉をしのばす

ビスケット切る2

5×1.5センチくらいに切れ目を入れます。

焼き上がってから、折りますから、

端もまとめて、伸ばします。

ビスケット切る3

同じように切れ目を入れ、

ビスケット切る4

クッキングシートをしいた、天板に並べ、

(並べにくいので、ラップごと返します)

150℃に余熱した、オーブンに入れ、

25~30分焼きます。

ビスケットオーブン

オーブンから出して、冷まします。

食べてみて、カリッとしていない場合は、

さらに、10分ほど焼きます。

焦げないように気を付けてください。

ビスケット焼き上がり



スポンサーサイト

豚肉の味噌漬け弁当

時短弁当ですよ、

豚肉の味噌漬け弁当

まえの晩に、豚肉を味噌に漬けておきます。

薄切りなので、一晩でじゅうぶん、


みそとニンニクのすりおろしを混ぜておきます。

好みで砂糖を加え、甘さを加減してください。


広げたラップの上に、味噌を塗り、

味噌漬け1

豚肉をのせます。

今日は、2ミリほどの厚さの肩ロースを使いました。

味噌漬け2

上から、みそを塗ります。

薄切りなので、味が入りやすいですし、

みそを落とさず、そのまま焼くので、

写真の様に、薄く塗ります。

ラップで包んで、冷蔵庫へ、

味噌漬け3

グリル(弱火)で、じっくり焼きます。
(焦げ過ぎないように、途中見てください)


野菜は、

作り置きのしめじと人参を、

塩茹でした、ほうれん草と和えます。


我が家の定番、味付き卵(漬ける時間が短かった!)


それから、市販のごぼう天に、麺つゆを煮からめたもの、


炊きたてのご飯に、ひじきのふりかけを混ぜます。




大葉と梅肉のアジフライ

今が旬のアジ、


よく食卓にのぼります。

とくにアジフライ、

夫の好物と言うコトもありますが、

飽きないですねぇ、


今日は味に変化をつけて、


スーパーの惣菜売り場で見た、

「大葉と梅肉のアジフライ」

に、挑戦!


なんで、今まで作らなかったのだろう?

食べたコトはあるはずなんですけど、



ゴールデンコンビの大葉と梅肉、

期待以上の美味しさ!


生パン粉のサクサク感、

新鮮なアジの、ふっくらした身、

大葉の香りと、梅の酸味、

手作りならではですよね、

揚げたて、最高です!


大葉と梅肉のアジフライ

アジ4尾、

三枚におろします。、

真ん中の小骨は、

左右斜めに切り込みを入れ、除き、

軽く、塩・コショウをしておきます。

アジフライ1

小骨の付いた身は、ラップにくるんで、冷凍庫へ、

今度、つみれを作るときに混ぜます♡

アジフライ小骨

梅肉大葉は4切れ作ります。


梅肉 2分の1~1個は、種をとり、たたく、

大葉4枚は、洗って水けを拭いておきます。

アジフライ梅肉

衣の用意をしておきます。

小さめのフライパンに、

天ぷら粉 40gを、水 50ccで溶きます。

アジフライ衣

大葉の片面に、水で溶いた天ぷら粉を塗り、

糊にして、アジに付けます。

アジフライ大葉と梅肉

全体に衣をつけ、

生パン粉を、しっかりとつけます。

アジフライパン粉

180℃の揚げ油に入れ、

1分、上下を返して1分揚げます。

アジフライ揚げる


焼きレタスと韓国海苔のサラダ

さっと作れて(10分以内ですよ!)

美味しく、たくさん、レタスが食べられるサラダのパート2です。


おいしいレタス選び、

私は最近まで、キャベツ同様、

重いモノを選んでおりましたが、


違うんですね、


レタスは古くなってくると、葉がしおれた分だけ重みを増すそうで、

新鮮なレタスほど軽いそうです。



前回は、ベーコンを使いましたが、

今日は、韓国海苔で、


これからの季節、

レモンの酸味と塩味がさっぱりと、おいしいサラダです。

ちょっぴりオイスターソースの甘みで、

レタスがたくさん食べられます。

焼きレタスと海苔のサラダ5

<材料と作り方> 1人分 (1人分としましたが、きっと食べられます)

レタス2分の1個

韓国海苔 適量

ドレッシング : しょう油 大さじ2分の1、オイスターソース 小さじ1、ごま油 小さじ1
  
 ドレッシングの調味料を混ぜ合わせておきます。      

レモン 適量

レタス2分の1個は、芯を残したまま、3等分に切りますが、

先日の、焼きレタスとベーコンのサラダで、

食べにくい!!(切り方が大きい)と、家族からクレームが、

3等分のひと切れを、半分に切ります。

焼きレタスと海苔のサラダ2

フライパンに、米油小さじ2を入れ、強めの中火にかけ、

レタスを、押さえつけるように焼きます。
(早く、焦げ目をつけたいので)

レタスと海苔のサラダ焼く

焦げ目がついたら、裏を返し、

軽く焼いて(数秒)皿に取ります。

焼きレタスと海苔のサラダ3

韓国海苔は、ちぎってのせ、

レタスにドレッシングを回しかけ、

レモンを絞ります。


海苔といっしょに食べて下さいね、

韓国海苔の塩味がありますので、

ドレッシングは、少なめにしました。

焼きレタスと海苔のサラダ4




マーボーの素で、麻婆なす弁当

先日作って、保存しておいた、

マーボーの素(麻婆豆腐の豆腐を入れる前の物)で、

麻婆なす丼と、ごぼうサラダ弁当です。

あらかじめ、材料を保存・下ごしらえしておくと、

時短・スピーディーに仕上がります。

麻婆なす丼とごぼうサラダ

なすの素揚げ、または、

作り置きの、ナスとピーマンに、

マーボーの素を和えるだけ、


マーボーの素

クッキングシートの箱で麻婆豆腐5

多めに作って、小分けにし

冷凍保存しておくのがオススメ!

麻婆のもと保存

忙しい朝、とても助かります。

麻婆なす丼2

なすは、素揚げ、または、レンジ加熱したもの、

そのままでもよいのですが、

しっかり味が好きな方は、

マーボーの素と和える前に、

なすに麺つゆを(適量)かけて、
※ 写真のなす(1本分)には、麺つゆ(2倍希薄)大さじ1、


軽くラップをし、

レンジで加熱し、下味をつけると、

コクがでます。




プロフィール

フェイク白雪

Author:フェイク白雪
家族の笑顔が原動力!
作ること、食べることが大好きです。

我が家のおいしい‼ レシピを、
分かりやすくお伝えします。

離れて暮らす娘への、仕送りレシピも紹介していきます。


レシピの内容は、多少変わることがあります。


ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
1043位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レシピ
220位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR